★カナエの認知症改善コンサルティング

WHO(世界保健機関)によると2015年、認知症有病者数は5,000万人、そして毎年1,000万人近くが新たに認知症になるとの報告もあります。約3秒に1人が世界のどこかで新たに認知症になっている計算です。

 このコロナで外に出られずさらに認知症が進行してしまったかたがたくさんいらっしゃいます。

そして更なる問題 8050や9060問題 。コロナも引き金となった、ひきこもりのかた100万人以上います。「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」決意を胸に認知症改善コンサルティングをはじめました。

介護の相談と介護の仕事を25年してきました。仕事一筋で身内を顧みなかったらある日、元気だった母の認知症状が突然でてきました。

寝られない状態から妄想や徘徊が始まりました。夜中に徘徊して家族で一晩中捜し歩いたこともありました。

警察に捜索願も出し、池のところに靴が脱いであるのを見つけたときは死んでしまったと泣き崩れたこともありました。

草むらの中から数百の虫にさされ潜んでいるところを発見したとき泣いてだきあったことを思い出すだけで胸が痛くなります。

介護レベルが一番悪い要介護5と判定されました。母も私たちも本当に辛く苦しかったです。

「母を何としても救い幸せを感じながら余生をおくらせてあげたい。今まで頑張ってきたのだから」

家庭が崩壊寸前までいきましたが周りのかたや今までの知識や経験に助けられ本来の母の状態に1年後には、ほぼ戻すことができました。

今までの経験を生かして認知症で苦しんでいる方に助言できれば救われる人がたくさんいるのでは。

認知症は治らないとあきらめているかたが多数ですが認知症は改善する可能性があります。

「私たちと同じ思いを他の人にはさせない。」と心に固く誓いました。

認知症を改善できたのは、必要な専門的なアドバイスを必要としているときにすぐいただけたからです。

認知症で苦しんでいる家族の一助になれば幸いです。

※ビデオ通話OFFでも相談可能です。