(PCサイトのみ下記コンテンツが表示されます。モバイルと共通の”サービス案内”記載内容と重複カ所が多々ございます。)


子どもの発達デザイン研究所の取り組みとして、杏林予防医学研究所と
「マイナス1歳からのヘルスプロジェクト」
という合同プロジェクトを立ち上げ、子どもの発達を生化学の正しい知識をもとにお伝えしています。

このプロジェクトの特別顧問でいらっしゃる杏林予防医学研究所所長 山田豊文先生をお招きし、

子どもの能力を引き出すために必要な最新の理論

を、人体の細胞のメカニズムからご講演いただきます。

前回の講演内容の参考例:

・学校給食を変えなくてはならない理由とは?
・胎児期の脳の成長に絶対欠かせない栄養素
・ミネラルが絶対に体に必要な理由
・子どもの解毒に必要なもの
・発達障害の根本的原因とは?

今回は、

遺伝子の発現を制御しているエピジェネティクス
置かれている環境がどのように子どもの心と体、発達に影響するか

などについて、お伝えする予定でいます。

※常に新しい情報を盛り込んでまいりますので、予定とは異なった内容になる可能性もございます。


山田豊文先生


子どもの発達デザイン研究所 マイナス1歳からのヘルスプロジェクト特別顧問

杏林予防医学研究所 所長

一般社団法人日本幼児脂質栄養学協会会長

米国公益法人ライフサイエンスアカデミー 理事長


細胞の機能を、細胞自身が求める極限にまで高める栄養素や環境を提供することにより、人はだれでも最高に健康に生きることができる。
それこそが予防医学、治療医学のベースになるという独自の理論『細胞環境デザイン学』を提唱。 


学びの場として2013年より「杏林アカデミー」を開講し、医師や歯科医師をはじめとした医療従事者や、健康に寄与する人材育成に力を入れている。

2018年にはJALNIを始動。子どもの脂質改善を目的としたさまざまな活動を全国各地で展開している。 

また、アスリートや著名人のコンディショニングとして、日本でいち早くミネラルファスティングを取り入れたことでも知られ、近年のファスティングブームの火付け役となった。現在も多くの一流アスリートのサポートを行っており、プロ野球界においては球団より依頼され、選手や夫人を対象にした講演実績もある。


主な著書

●最新!『超人をつくるアスリート飯』(共栄書房 )
『トランス脂肪酸から子どもを守る』(共栄書房 )
『細胞から元気になる食事』(新潮社)
『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)
『なぜ、マーガリンは体に悪いのか?』(廣済堂出版)
『病気がイヤなら「油」を変えなさい!』(河出書房新社)
『食べない人は病気にならない』(幻冬舎)
『脳がよみがえる断食力』(青春出版社)
など多数、韓国や台湾、中国でも翻訳されている。