チケット詳細

藍染めには、藍を発酵させてから染める建て染めと、新鮮な藍の葉をそのまま使って染める方法があります。
今回は、夏の間だけできる、【藍の生葉(なまば)染め】です。
写真のような、爽やかな水色が染まります。

染めたストールは、当日、お持ち帰り戴けます。
スィーツセット付き (スィーツとお茶付)


<こんなことを学びます>
草木染めって、どんなイメージですか?
草木染めという言葉は知っているけれど、、、、

● 自分の家でひとりでやるのはちょっと、という方
● 自分で染めたものを身にまとってみたい方
● 夏のコーディネートにプラスワンしたい方


<こんなことが出来るようになります>
自分だけの、世界に一枚だけのシルクストールを3時間ほどで完成させる事が出来ます。
ワークショップ体験後はご自宅でも、草木染めを応用できます。

<こんな風に教えます>
祐天寺の日本文化を伝える場 和(NAGOMI)ハウス(日本家屋です)で、
少人数の方を丁寧に教えます。
レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。
講師の一方的な説明にならずに、参加者ひとりひとりの色の希望を聞きながら、
参加者ご自身に、ストールを染めて頂きます。

手の中で、徐々にストールの生地が染まっていく様子は、なかなかできない体験です。
皆さま、この瞬間はとても感動されます。

=======
【参加された方の感想】

(40代 女性)
以前から草木染に興味はあったものの なかなか気軽に参加できる機会がなかったので、この講座に参加できてよかったです。
染めは染料など薬品の扱いなど慣れてないとできないものだと思っていましたが、工程がスムーズに教えていただいてあっという間の3時間でした。


====



<持ち物>
汚れても良い服装、またはエブロン、手拭き用タオルをご持参下さい。
(写真は色見本のため、生地は変わります。シルクの生地の予定です)

===========
草木染め講師  森 利津子

ひとは、なぜ色を求めるのか
染色を始めた私に、絵を描く知人が問いかけた言葉です。

最初は繭から直接糸を取る座繰り糸の輝きに惹かれ、群馬に通い始めました。

自分の手を通して繭が糸になっていくのは、自分が無になる時間でもあり。
その糸は白のみ。

白以外の色を、自然の色で染めたくて始めた草木染めは、想像以上に、鮮烈な色たちでした。

身に纏う色を選ぶとき、ひとは自然に自分の気持ちに添った色を選んでいます。
心をくるむような、鮮やかでも心穏やかになるような色を染めていきたいと思っています
自分で、染めたストールを身に纏う、そんな贅沢な体験をしてみませんか。
 

2010.4 ギャラリーゆうど 【春の兆し】展示ワークショップ
2011.9〜駒込はるはカフェ ワークショップ
2012 ヨークカルチャーセンター大宮草木染め講座
2015.5 逗子スタジオ・オーク 展示WS
2015.10 渋谷東急東横店 展示販売
2015.11 京橋千疋屋ギャラリー参加展示
2017.3 東京駒込妙義神社草木染めWS
2019.10 祐天寺 和ハウスにて草木染めWS開催

その他季節毎の天然染料染めWS展示などを開催

=============

場所はこちらになります。
和家-NAGOMI HOUSE-

東急東横線「祐天寺駅」から徒歩5分

〒153-0065
東京都目黒区中町2丁目11-15
続きを読む
チケットの関連ジャンル
お支払い方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込
販売ショップ情報

草木染めワークショップ|草木染めストール販売 neno•iro

取り扱いチケットを見る

メールマガジン会員募集中

メールマガジン購読登録

レビュー

レビューを投稿

本チケットへのお問い合わせ

本チケットに関するショップへのご質問は、以下のボタンより専用フォームからお送りください。

お問い合わせはショップへ直接送信されます。お問い合わせ内容および、返信時期等に関しましてツクツク!! 運営事務局は一切関知致しません。
ショップへのお問い合わせはこちら

このショップの人気チケット

販売店情報

ショップ名 草木染めワークショップ|草木染めストール販売 neno•iro
販売事業者名 森 利津子
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】:ご注文完了時 【銀行振り込み】:ご注文完了後
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。商品画面に記載しております。