メルマガ配信中

【白寿庵】 岡山県の県北、真庭市久世地区にある小さなお豆腐屋さん。 手造り製法にこだわり受け継がれてきた技術を生かし、日々豆腐造りに励んでいます。 使用する大豆は愛知県産フクユタカ1等使用。水はお店の近くに流れる一級河川「旭川」の水を使っています。 白寿庵のWEBショップでは、白寿庵大人気の油揚げやイベントチケットなどを販売。 WEBショップ限定のお得なチケットや情報を発売しています。メルマガ会員募集中です。

豆腐料理 白寿庵WEBショップ

岡山県

【屋号】  豆腐料理 白寿庵
【電話番号】0867−42−0228
【所在地】 719-3201 
      岡山県真庭市久世2872
【営業日】
  月 昼11:30〜14:00 
    夜 予約営業(4名様〜コース料理にて)
  火 昼11:30〜14:00 
    夜 予約営業(4名様〜コース料理にて)
  水    定休日
  木 昼11:30〜14:00 
    夜 予約営業(4名様〜コース料理にて)
  金 昼11:30〜14:00 
    夜18:00〜22:00
  土 昼11:30〜14:00  
    夜18:00〜22:00
  日    定休日

【WEBショップ販売事業者名】 白寿庵 鈴木尚

地元アイドル「配膳ボーイズ」としても活躍中‼
【YouTube】https://bit.ly/3AZpVih
【白寿庵】

真庭市久世の「下町商店街」を抜けた辺りに小さなお豆腐屋さんが一軒。
創業1947年(昭和22年)に「永田豆腐店」の屋号で開業しました。
初代「永田波三」は船のコックを生業にして世界を旅していました。

何年かの船上生活ののち船を降り岡山県真庭市久世地区にて大工の棟梁として生計を立てます。
そんなある日、大工は日銭が入らん、日銭が入る豆腐屋が良い!と思い立ち豆腐屋を開業したのが永田豆腐店の始まりです。
その後、息子の二代目「永田正志」が豆腐屋を引き継ぎ三代目の娘婿「鈴木誠治郎」にお店を渡します。

その時、豆腐業界に歴史的な事件が訪れます。
1970年代半ば以降、豆腐の機械化が進み大量生産の時代が来たのです。

低価格で大量のお豆腐が店頭に溢れかえり町のお豆腐屋さんは廃業の危機!
もちろん永田豆腐店も例外ではありません。
小売店からは契約を切られ、価格では大手豆腐メーカーに太刀打ちが出来ない。

そう…これが有名な「永田豆腐店廃業の乱」です。
でも三代目夫婦はあきらめませんでした。
町の小さな豆腐屋さんに何ができるだろうと…悩み…苦しみ…寝れない日々が続いたある日…知人の「豆腐屋さんの豆腐料理店なんかはどう?」の一言を真に受け、豆腐料理店を開店するのです。

「うちの豆腐を食べて長生きしてもらいたい」「今後、誰が継いでも親しみやすいお店」そんな想いを込め屋号を「豆腐料理 白寿庵」に改めました。
現在、白寿庵は四代目「鈴木尚」が継ぎ、地域を盛り上げながら県内外から多くのお客様にお越し頂いてます。


白寿庵公式Instagram
https://www.instagram.com/hakujyuan0228/

配膳ボーイズYou Tubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCbFl8r5Ugb_-xw9l0FZ1Uiw

販売店情報

ショップ名 豆腐料理 白寿庵WEBショップ 当店の総合ページへ
サイト運営責任者 鈴木 尚
〒719-3201 岡山県真庭市久世2872
【ご連絡先】tofu-hakujyu@hakujyuan.com
販売事業者名 白寿庵 鈴木尚
サイト運営担当者 白寿庵 鈴木尚
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】:ご注文完了時 【銀行振り込み】:ご注文完了後
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。商品画面に記載しております。
返品・交換について 到着時の不良品のみ返品・交換に対応いたします。
※返品・交換は伴う商品代、送料は弊社で負担します。
資格・免許 特に無し
メールマガジン登録
ショップ公式
アカウント
お問い合わせ

本チケットに関するショップへのご質問は、以下のボタンより専用フォームからお送りください。

お問い合わせはショップへ直接送信されます。お問い合わせ内容および、返信時期等に関しましてツクツク!! 運営事務局は一切関知致しません。
ショップへのお問い合わせはこちら