メルマガ配信中

長野県下伊那郡下條村のカネシゲ農園で作られるりんごは、土作りからこだわっており、雪解け水を地下に浸透させ、栄養豊かな土壌つくりの為、自分たちで配合した堆肥を使用しております。また、農薬は過度な使用を控え、必要最小限度にした減農薬栽培、有機肥料を使用した、安心・安全な農法を行なっております。この努力こそ、糖度と酸度のバランスを絶妙なままに、果実に閉じ込めた樹上完熟りんごとなり、自信を持ってお客さまの元へお届けしております。 カネシゲ農園 長野県下伊那郡下條村睦沢7047-4 電話0260-27-3385

カネシゲ農園/長野県下条村

長野県
運営ショップ

長野県下伊那郡下條村にあるカネシゲ農園のモットー[RE:AGRI]
カネシゲ農園では、農家の抱える問題を解決するため、持続可能な農業の未来の為に真剣に取り組んでおります。
昨今、農業では後継者や担い手不足、農地荒廃、価格競争による縮小、消滅していく希少地域産物が課題となっております。更にはロスによる果樹や野菜の廃棄処分などの問題に歯止めをかけたいと思い、100年先まで続く農業の為に持続可能な農業と地域を目指し、農業の新しい価値を再考する[RE:AGRI]をコンセプトに果樹栽培、加工、醸造を3代続くこだわりの手法でひとつひとつ丁寧に生産しております。

(RE:USE)
多少の傷により価値を失ってしまう果物や果実を、オリジナルCIDERへと再生させ、お客さまの元へご提供しております。
(RE:CYCLE)
醸造、加工により出てくる不食部分は堆肥に変え循環させ、大地へと帰すことで余すことなくリサイクルしております。
(RE:PRODUCT)
地域の農産物に敬意を払い、付加価値を再構築することで新しい見方、捉え方を提案しております。

[カネシゲ農園の栽培の特徴]
南アルプスを望む高台、天竜川が流れる南信州の爽やかな風、この風土と寒暖差を利用し、糖度と酸度のバランスを絶妙なまま果実に閉じ込められた、カネシゲ農園自慢の樹上完熟りんごが栽培されております。

もちろん、りんごには必要不可欠な土にもこだわっており、雪解け水を地下に浸透させ、栄養豊かな土壌つくりを行う為に、自分たちで配合した堆肥を使用しております。また、農薬は過度な使用を控え、必要最小限度にした減農薬栽培、有機肥料を使用した、安心・安全なりんごをお客さまにご提供するために努力を惜しんでおりません。
この努力と、毎日の積み重ねが実を結び、2018年に徳島で行われた[オーガニックエコフェスタ2018]という農産物の栄養価、旨み成分を競うコンテストにおきまして、りんご部門で最優秀賞を受賞いたしました。

[安心・安全への取り組み]
恵みである果物をこだわり抜いた栽培方法で、お客様に安全で安心して笑顔になっていただける果物を作る事に心がけております。
本当に果物に必要なことは何かを常に考え、病害虫を防止するための過度な農薬の使用を行わず、農薬の使用を最低限度まで減らした減農薬栽培、有機肥料を使用した農業を行っております。こだわり抜いた方法で栽培されたりんごは、栄養価も高く甘くジューシーに育ち、多くのお客さまに喜ばれております。また、一年中美味しいりんごを味わって頂きたいと思いフレッシュなまま贅沢に搾られたカネシゲ農園自慢のりんごジュースも製造しております。

[全国でも数少ない自家栽培・自家搾り、自家醸造のカネシゲ農園のりんごジュース]
りんごの生産だけという事業形態に限界を感じていた先代の古田 道寛は、どうしたら旬で味わう季節の果物を1年通してお客様に味わっていただけるか?と考え、果実の可能性を信じてりんごジュース作りをはじめました。先代は外部に加工をお願いすれば簡単なことをわざわざ手間暇・時間をかけて自らの手で行うことを心掛けました。
その真意は、自分達で栽培した果実を最後まで自分達で責任を持つということ。
お客様へ自信を持って、提供できるものを作ることを大切に考え、採れたてのりんごを園内加工場でフレッシュなまま贅沢に搾った(りんごジュース)としてお客様にご提供しております。

[CIDER~りんごのお酒~]
常に私達はりんごの新しいアプローチや、文化としてりんごの在り方を探求しています。その中のひとつ、南信州の新しい文化(りんごのお酒)にも力を入れております。
世界ではサイダーと呼ばれたり、シードル、シドラ、先代もオレゴン州で口にしたであろうハードサイダーと様々な名前スタイルで愛されるりんごのお酒です。 リンゴの果実味と酸、そしてシュワッとした泡がとてもさわやかなので、暑い日に飲むのにぴったりです。カネシゲ農園のシードルはこだわりの自家栽培されたりんごをシードルでも自家搾り、自家醸造してご提供しております。甘酸っぱく料理の味を変えることなく楽しめるお酒となっております。

[カネシゲ農園の野望]
まだまだ理解しなければならないりんごの異文化を体で理解し、サイダーでもシードルでもシドラでも、そしてハードサイダーでもない[Japanese CIDER]を作れるようにその土台となるりんご、文化、ライフスタイルを構築したいと思っています。
今後については様々なイベントの開催や、多彩な果実を使ってつくるクラフトサイダー(シードル)を商品展開していきたいと考えています。

そして2021年さらなる高みをめざし、こだわりの農業は今始まったばかりです!

カネシゲ農園 代表 古田 康尋

販売店情報

ショップ名 カネシゲ農園/長野県下条村 当店の総合ページへ
サイト運営責任者 有限会社 カネシゲ農園
〒399-2101 長野県下伊那郡下條村睦沢7047−4
【ご連絡先】info@kaneshige.jp
販売事業者名 有限会社 カネシゲ農園
サイト運営担当者 古田 康尋
商品代金以外の必要料金 送料・銀行振込手数料・代引き手数料
注文の受け付け方法 ショッピングカートによるオンライン注文
商品代金のお支払い時期 【クレジットカード決済】
商品の引き渡し時期 商品により変動いたします。商品画面に記載しております
返品・交換について 未開封品に限り7日間受け付けいたします。
ただし生鮮物など一部の商品で返品交換をお受けいたしかねるものもございます。
資格・免許 特に無し
メールマガジン登録
お問い合わせ

本チケットに関するショップへのご質問は、以下のボタンより専用フォームからお送りください。

お問い合わせはショップへ直接送信されます。お問い合わせ内容および、返信時期等に関しましてツクツク!! 運営事務局は一切関知致しません。
ショップへのお問い合わせはこちら